2020年3月7日土曜日

オーシャンステークス展望(ラップ傾向&予想)2020



まとめ
  • 前傾で、後半はしっかり減速していく展開。(以前よりは緩い)
  • 持久力(&持続力)が問われる。
  • 予想◎ダノンスマッシュ

過去のラップタイム

2019 11.4-10.1-10.8-11.4-11.4-12.0 32.3-34.8
2018 11.9-10.6-11.0-11.4-11.3-12.1 33.5-34.8
2017 11.9-10.8-10.9-11.5-11.3-11.9 33.6-34.7
2016 11.6-10.3-10.8-11.3-11.4-12.1 32.7-34.8
2015 11.7-11.0-11.3-11.4-11.4-11.9 34.0-34.7
2014 12.0-10.9-11.0-11.6-11.5-11.9 33.9-35.0
2013 11.8-10.5-10.8-11.5-11.5-12.4 33.1-35.4
2012 11.9-10.4-11.1-11.4-11.6-12.8 33.4-35.8
2011 12.0-10.6-11.0-11.5-11.2-11.5 33.6-34.2
2010 11.9-10.4-11.1-11.4-12.1-12.9 33.4-36.4

過去10年の平均ラップタイム
11.81-10.56-10.98-11.44-11.47-12.15
1.08.41 33.35-35.06




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半が速くなって、2F目以降は基本的にはしっかりと
減速していく展開で、勝負所で少し耐えつつ→ラスト1Fは落ちる形。

このレースの特徴は(このコースらしく)やはり前半部分の速さで、基本的には
ハイペースからの持久力勝負が想定できる。

そうなれば当然、厳しい展開を浮上した、もしくは粘り込んだ経験を持っている
タイプが中心になることは間違いなくて、例えば京都などの、ある程度上がりの
速い舞台で(のみ)実績を示しているタイプの扱いには注意しておきたい。

※以前と比べれば、(コース自体)前半が少し落ち着くパターンも増えている
ため、軸はやはり"耐える"という部分に置きつつも、持続的な要素も兼ね備えた
タイプの方が信頼は出来るのかも知れない。


好走する条件
・持久力(&持続力)があること



予想


◎ダノンスマッシュ
スプリンターズSは、隊列の中で前後左右に動きつつ、勝ち馬と比べてとにかく
スムーズさを欠いた内容。それを考えれば結果は仕方のないところだし、まだ
勝負付けは済んでいない…とするのが妥当ではあるはず。
その中で今回は2kgの斤量差があり、当然逆転は考えていいだろうし、さすがに
ここで負けたら…という場面。
本番ではどうなるか分からないが、ここはシンプルに推しておきたい。

○ナックビーナス
3年連続でここでは2着。特に超ハイペースの昨年のパフォーマンスは高く、
その内容を考えれば、やはり上位扱いになる。
持久力があり、細かい脚使いをするタイプ…という部分でもこの舞台には相当に
はまる雰囲気だし、2強が⇒そのまますんなり決まるものか?と考えた場合に、
間を割るとしたら、やはりこの馬が1番手に挙がる。その可能性を見て。

▲タワーオブロンドン
昨年は、短いレース間隔の中で先行力などをしっかりと獲得して、スプリンター
としての素質を十二分に開花させた。
とにかく現状まだ底が見えない…という印象ではあるし、相手よりも2kg斤量を
背負う立場でも、それがしっかり反映された人気ならば推す手も普通にあるが、
前哨戦だし、結局ここは自重。(3番手にしたのは相手に期待…というだけ)

注エンゲルヘン
同舞台の前々走は、道中が締まる形の厳しい展開で、基本的に差し馬が浮上した
中での逃げ切り。そのパフォーマンスは十分高く、ここでも上位に扱える。
前走は、かなり掛かる馬場での実質超ハイペース戦。前からでも残っている馬は
いるものの、条件的には別ものだし、惨敗もとりあえずは度外視できる。
舞台が戻って→巻き返す可能性を考えてみたい。

△ダイメイプリンセス
昨年のこのレースは10着に終わっているが、同舞台のスプリンターズSでは、
(2回とも)それなりには浮上。方向性としては悪くないはず。
前走シルクロードSは10着だが、パフォーマンス的には昨年の同レースよりも
いいくらいだし、(夏の方が成績がいい馬ではあるので)絶好調というのは期待
しづらいものの、浮上の可能性は考えておきたい。

△キングハート
2年前はここで勝利。同舞台の近走も、斤量を背負う立場ながらも全く崩れて
いないし、とりあえず上位扱いにはなる。
元々は函館SSのハイペースを浮上しているように、厳しい展開でも…という
印象の馬ではあったのだが、近走は流れが落ち着いた方が結果を出している点が
どうか?というのはあり、展開次第の雰囲気だが、食い込む可能性は考えたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事