2020年3月6日金曜日

阪急杯回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • まずまずの入り方から→道中が締まった展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

阪急杯結果

ベストアクター1.20.3 34.0 10-10
フィアーノロマーノ1.20.4 34.4 06-07
(2→)3ダイアトニック1.20.3 34.5 04-04
スマートオーディン1.20.4 33.8 15-13
ステルヴィオ1.20.5 34.2 10-10
ストーミーシー1.20.5 33.9 13-13

天候:晴 芝:良
上り4F:46.2 3F:34.8
前半3F:34.1
12.1-10.7-11.3-11.4-11.3-11.6-11.9




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半まずまずの流れから、道中もある程度高い水準を
保つ展開で、ラスト3Fは右肩下がりの形。

今回の場合、スタートが極端に速いという訳ではなかったが、前傾&締まった
展開という部分で、適性的には持久力&持続力の戦いになった。

脚質的には、なかなか息を入れられなかった点で、やはり差し馬が優勢になり、
先行馬には少し厳しくなった印象。
したがって、地力勝負ではあるので上位の実力は当然認めつつ、今後に向けては
前から負けた馬の巻き返しにも注目はしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ベストアクター
展開に対する位置取り的には恵まれた方だが、自身の内容としては、(ここ2走
のような)じっくり→決め手発揮という形ではなく、ある程度流れにつき合って
→上がりをまとめた形で、パフォーマンスをしっかりと更新してきた格好。
次走は京王杯SCが有力のようだが、当然重賞連勝の可能性はあって良さそう。
注目しておきたい。

フィアーノロマーノ
この馬の位置取りでも内容的には後傾だが、一応1桁の通過順からの好走。
直線では大きな不利もあった訳だし、その地力は当然認めておきたいところ。
方向性として距離短縮もこなせていい気はするが、高松宮記念は見送る?模様。
となると、適鞍がなかなか難しいが、今の安田記念で積極策というのは一応見て
みたい感覚(昨年は下げたので)。

ダイアトニック
圧倒的に迷惑を掛けて…なので、大声では褒められないが、とりあえず馬自身に
関しては、この展開をある程度好位から、唯一前傾の内容での→粘り込み。
当然高い地力を示したと言えるし、内容的に距離短縮につながっても良さそう。
昨年も鞍上は、やらかした直後に→G1制覇。3日間開催があるためにギリギリ
乗れる…という妙な運もある。本番でも(特に内枠なら)注目はしたいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事