2020年3月18日水曜日

金鯱賞回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • かなりゆったりとした流れからの→上がり勝負。
  • 切れが問われた。

金鯱賞結果

サートゥルナーリア2.01.6 33.2 05-05-05-05
サトノソルタス2.01.9 33.8 03-03-03-03
ダイワキャグニー2.02.0 34.2 01-01-01-01
ギベオン2.02.0 33.8 03-04-04-03
ラストドラフト2.02.1 33.5 06-07-06-06

天候:晴 芝:良
上り4F:45.6 3F:33.8
前半1000m:63.6
12.9-11.8-13.2-13.0-12.7-12.4-11.8-11.2-11.1-11.5




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半〜道中がかなりゆったりとした流れになり、後半は
徐々に&大きな加速を示しつつ→上がりが速くなった。

特に言うこともない。上がり勝負。
その中で、現役屈指の"切れ"を示している馬が勝利した…というだけ。

他の上位に関しても、基本的には好位の馬…ということで片付けてしまっても
いいくらいだが、一応1つ共通点を付け加えるとすれば、上位馬は比較的馬体の
大きなタイプということ。

大局的に見れば、今回は前半の3F目から→ラスト2Fまで加速し続けていく展開。
ペースアップにはやはりそれなりに脚を使うので、そこからの直線部分(特に
坂上)ではフットワーク(効率)が物を言う。

本来このペースなら、33秒台前半の上がりを使う馬が勝ち馬以外にいてもいい
ところだが、実際にはおらず、要は後続が脚を少し削られているということ。
相対的に刻む差し馬が、前と同じ脚になってしまっては逆転の目はない…。

まぁこれは、無理矢理つけ加えればの話。
単純に今回は、サートゥルナーリアのレースだったということでいいはず。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

サートゥルナーリア
それなりに流れに乗りつつ、じっくりした仕掛けから→弾けて完勝。
斤量を背負う立場ではあったが、ここまでおあつらえ向きの展開になるなら、
そりゃもう…といったところ
大阪杯に関しては、中山をこなしている馬なので全く無理ではないだろうが、
これまで好走してきたレースと比べると1F仕掛けが早くなるため、その区間で
ポジションを落とさず&脚を使わずに我慢できるか?がおそらく鍵。
じっくりとした仕掛けをするためにも、とりあえずは内枠が欲しいイメージ。
あとは現時点で分かっている要素として、締めつけ屋のキセキがいないことは、
1つ大きなプラス…とは言えるかも。何にしろ枠順発表を待ちたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事