2022年3月18日金曜日

フィリーズレビュー回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 速く&締まった展開。
  • 持久力(&持続力)が問われた。

フィリーズレビュー結果

サブライムアンセム1.19.9 34.2 11-11
ナムラクレア1.19.9 34.4 09-09
アネゴハダ1.20.2 35.0 03-03
マイシンフォニー1.20.3 34.6 11-11
ラブリネスオーバー1.20.4 34.5 13-14
ブッシュガーデン1.20.4 35.0 06-08

天候:曇 芝:良
上り4F:46.4 3F:35.0
前半3F:33.5
12.0-10.5-11.0-11.4-11.5-11.7-11.8



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半から速くなって、道中もスピードの落ちない展開。
そこから後半は最後まで落ち切らないものの、ジワジワと減速していく形。

今回は、シンプルに速く&締まった展開。一瞬たりとも息を入れられる場面が
なく、後半は余力勝負の様相に。
当然、持久力(&持続力)がしっかりと問われた。

脚質的には、この展開なので、やはり基本は差し馬が優勢に。それらも地力が
あってこそだが、飛ばした前の馬には難しくなった。

本番に向けては、道中以降で加速が一切入らない展開だったため、距離延長に
対しては適性的にどうか…となるが、とりあえず上位の地力は認められる。
距離短縮へのつながりも含めて、長い目で見守っていきたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

サブライムアンセム
自身としては後傾の内容で、ロスなく回しつつ→直線でしっかりとした伸びを
見せての勝利。展開的には恵まれた方の立場ではあったが、その持続力はやはり
認めておきたい。
前走では変化のついたマイル戦にも対応しているが、現時点では7Fの締まった
展開の方がパフォーマンスは高くなっている扱い。まだ断定的なことは言えない
ものの、(適性的な)軸としては一貫した方向性…となるのかも知れない。

ナムラクレア
中団のやや後ろから、自身ちょうどイーブンくらいでまとめた内容。
人気の立場(負けられない状況)で、厳しい流れに対応しなければならなかった
という部分で、道中のリズムが良かったとは言えないし、後半は外を回した形。
ロスなく回してきた相手に最後伸び負けたことは仕方がないし、今回は負けて
強し…ということでいいはず。
変化への対応もある程度見せている馬だが、基本はやはり持続方向となりそう
だし、将来的には距離短縮も視野に入れつつ、注目していきたい。

アネゴハダ
掲示板に載った他の馬が前後イーブン~後傾の内容になっている中で、ハッキリ
とした前傾の内容での粘り込み。その地力は当然認めておきたい。
この走りからは距離短縮につながりそうな印象だし、本番でどこまで出来るか?
となるが、長い目で見て、しっかりと注目していきたい感覚にはなる。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。