2022年3月11日金曜日

チューリップ賞回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 前半でしっかり引っ張られつつ、溜め→加速という展開。
  • 持久力&切れが問われた。

チューリップ賞結果

ナミュール1.33.2 33.9 07-08
ピンハイ1.33.4 34.1 10-08
サークルオブライフ1.33.4 34.5 04-04
サウンドビバーチェ1.33.5 34.9 02-02
ウォーターナビレラ1.33.6 34.5 04-05

天候:晴 芝:良
上り4F:46.7 3F:34.7
前半4F:46.5
12.3-10.7-11.3-12.2-12.0-11.4-11.4-11.9



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半が速くなって、道中は一旦落ち着いた展開から、
上がりでもう1度しっかりと加速という形。

今回は、スタートの入り方だけで言えば、過去2番目の速さ。
そこでしっかりと引っ張られたことで、当然まずは持久力が必要になり、それを
前提とした上での”切れ”というレースだった。

脚質的には、前傾の展開で差し浮上しやすくなった側面と、道中は(元々あまり
速くない平均程度には)溜められて前もそれなりに残った側面があり、結局は
イーブンに近い…というくらいか。
それよりも結局は、地力が物を言った雰囲気ではある。

本番に向けては、とりあえず今回はシンプルに上位の実力を信頼…ということで
良さそう。水準はもう1段上げてくる必要はあるだろうが、つながる可能性は
しっかりと考えておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ナミュール
道中は一旦控えた格好だが、前半から流れに乗りつつ→直線ではスムーズさを
欠いた内容ながら、しっかりとした決め手を発揮しての快勝。
パフォーマンス的にも前進を示したし、順調という見方ができそう。
本番では、水準として(特に道中の部分で)もう1つ上げる必要はあるが、その
可能性も十分ありそうだし、末に武器を持っているというのは、やはり大きい。
当然しっかりと注目しておきたい。

ピンハイ
内をロスなく回してきた内容だが、例年よりも速い流れの中で(微妙なスタート
から→)リカバリーの動きをしつつも、しっかりと末を伸ばしての2着。
何もかもが上手くいっての好走ではないし、これはもう実力を示した…と言って
良さそう。
本番では相手ももう1段上げてくるはずなので、自身がどこまで対応できるか?
という問題にはなるが、当然、上位候補の1頭という扱いはしておきたい。

サークルオブライフ
阪神JFもある程度引っ張られた形ではあったが、今回は高いポジションから
進めて、その時と比べても前半でかなり脚を使った格好。
内容的に最後伸び負けたことは仕方がなく、この敗戦をそこまで大きく捉える
必要はなさそうだし、ここでしっかりとスイッチを入れる競馬をしたことで、
本番に向けてはむしろいいステップになった…という気もする。
相手もさらに上げてくるかも知れないので、実際の着はもちろん分からないが、
(パフォーマンス的に)巻き返してくる可能性は考えておきたいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。