2022年3月27日日曜日

高松宮記念展望(予想)2022



予想


7Fで決着をつけた方がいいのでは…という雰囲気のメンバー構成。
もちろん(6Fなので)前傾の展開から→耐えた裏付けは欲しいが、それぞれの
思惑的に、上がりをしっかりとまとめるようなレースになるのかも。
持続力を備えたタイプを中心に考えたい。

◎レシステンシア
昨年、初の6F出走だったここで2着して、そこからこの距離ではオール連対。
その中で勝利した同舞台のセントウルSでは、前傾の内容で(高松宮記念と比較
しても)パフォーマンスをハッキリと更新してきているし、リズムにも慣れて、
G1でもそろそろ勝ち切っていい…という頃合いにはなる。
距離短縮してきた経歴的に、元々中京にも合っている印象のタイプだし、枠も
今の馬場に対してはちょうど良さそうなところ。
あっさりの可能性も含めて、ここは素直に期待しておきたい。

○グレナディアガーズ
阪神Cは、距離短縮して一変という感じで、パフォーマンス的にもしっかりと
更新しての勝利。その内容で考えれば、ここではやはり上位扱いになる。
今回はさらに短くなるが、ファルコンSでは前傾の高い水準で走れているし、
初の6Fでも中京ならば対応できても良さそう。
大外枠に入った点ではさすがに迷いはあるが、元々の地力からは、この路線の
大将格になっていく可能性も秘めている馬。やはり頭まで考えておきたい。

▲メイケイエール
同舞台のシルクロードSは、最終的に控えた馬が浮上した中で、好位から進め
つつ→しっかりと押し通しての勝利。前から沈んだ馬が→直後のオーシャンSで
一瞬で巻き返したことを考えると、その価値は尚更高くなる。
今回の外枠という条件を考えると、まだ1つ信頼しきれない感覚にはなるし、
評価としてはここまでとなるが、可能性は当然考えておきたい存在。

注ダイアトニック
阪急杯は、一旦ハナに立ちつつ→控える形で、自身としてはイーブンにまとめる
内容での勝利。持ち前の持続力を示した。
一昨年のここでは、大きな不利を受けて(繰り上がっての→)3着。前走の内容
的には、その時に近い水準で走れている雰囲気だし、再び上位争いする可能性は
十分あって良さそう。注目はしたい。

△サリオス
短い方はマイルまで…という経歴だが、朝日杯の前傾の内容から→押し通した
パフォーマンスを考えれば、とりあえず7Fには対応できても良さそう。
そして、仮に7Fに対応できるとすれば、中京6Fならばこなせる…のかも。
結局のところは走ってみなければ…となるし、さすがに中心視はできないが、
とりあえず一貫したフラットな展開になるようなら。見極めたい。

△ジャンダルム
オーシャンSは、前傾度はそこまで高くない展開の中で、平均的に脚を使っての
勝利。(後方からになって→)決め手を発揮して浮上したセントウルSの内容と
合わせて、適性的には中京には本来ハマって良さそうなタイプに思える。
自身が苦しくなったシルクロードSで好位から押し切っている馬がいるため、
それと比べると評価は下となるが、人気もないし、一応注目はしておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。