2022年3月25日金曜日

阪神大賞典回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 落ち着いた流れから、徐々にペースアップしつつ→ロングスパートの展開。
  • 一定の持久力&持続力が問われた。

阪神大賞典結果

ディープボンド3.05.0 34.6 06-07-06-05
アイアンバローズ3.05.1 35.2 02-03-03-02
シルヴァーソニック3.05.4 35.4 06-05-04-03
マカオンドール3.05.4 34.9 10-11-08-08
ユーキャンスマイル3.05.6 35.4 08-08-06-05

天候:曇 芝:良
上り4F:47.1 3F:35.5
5F毎ラップ:63.1-62.9-59.0
13.0-12.0-12.6-12.6-12.9-12.7-12.3-12.7-12.6-12.6-11.9-11.6-11.6-11.5-12.4



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半は落ち着いた流れになったが、その分1コーナー
手前辺りからは締まった展開に。後半はかなり早い段階からペースアップして、
長い脚を使う形。

今回は、前半をなかったことにしつつ、淀みのない道中からの→ロングスパート
…という、逃げ馬が「中距離戦への変換」を目指したような競馬。

その点で、多少(距離の)ごまかしは利いたかも知れないが、途中からペースが
上がった分、道中の水準自体は低くない。(はっきり高いとも言えないが)
一定の持久力はやはり問われた。

それを前提とした上で、後半はかなり仕掛けが早い形になったことで、やはり
適性的には、(中距離的な)高い持続力が必要になった。

脚質的には、前後は一応どちらも…という結果で、それよりもまずは地力が反映
された雰囲気だが、後半型の持続勝負というところで、左右に関してはロスなく
回すことが重要だった印象。

そのあたり、(特に勝負所で)外寄りから攻めた上位2頭は、やはり本番への
つながりを感じさせるし(もちろん勝ち馬が筆頭)、次戦もしっかりと注目して
おきたい感覚にはなる。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ディープボンド
中団の外寄りから進めつつ、直線では一完歩ずつしっかりと迫って→キッチリと
捕えての勝利。
今回は斤量を背負う立場だったし、コーナー部分が速い展開の中で、相対的に
脚を使いながら…という内容。当然1枚上の持続力を発揮した扱いになるし、
一言で、貫禄を見せた。
この競馬からは、とりあえずは順調…ということになるし、地力は既に十分な
ものを示している馬。本番でもやはり期待できそうではある。

アイアンバローズ
ある程度好位から、4コーナーでは外目からしっかりと攻めた内容。
最後は斤量を背負った相手にねじ伏せられるような格好になり、それと比べると
さすがに1つ下の扱いにはなるが、脚が上がってからの戦いでは止まり切って
いないし、走法など、超長距離への適性はやはり感じさせた。
今回は、道中で踏んだ水準などで、パフォーマンス的にも前進を見せているし、
本番でもある程度できる可能性はあるのかも。注目はしておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。