2010年3月31日水曜日

毎日杯回顧 2010


レース総括
■相当に緩い流れからの上がり勝負
■決め手が問われた


毎日杯結果
ダノンシャンティ1.49.3 33.4 05-05
ミッキードリーム1.49.5 34.1 02-02
リルダヴァル1.49.6 34.0 03-03
シャイニーナイト1.49.6 34.4 01-01
ルーラーシップ1.49.8 33.8 07-07

天候:晴 芝:良
上り4F:47.0 3F:34.1
前半1000m:62.3
13.1-11.4-12.1-13.0-12.7-12.9-11.5-11.1-11.5




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半からゆったりした流れになり、道中もかなり
緩む展開で、完全な上がり勝負という形。

とにかく今回は、コース改修後最も緩い流れから最も上がりの速い展開と
なって、道中での位置取りと決め手が全てというレースだった。

したがって地力の面など、上記した以外の部分ではこの先につながるような
内容ではなく、このレースの扱いには注意しておきたいところ。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ダノンシャンティ
1頭違う決め手を発揮したのだからその点では評価できる。
ただしこの先がNHKマイルCということなので、(1800~2000mであれば
まずまずの裏付けを持っているが)距離短縮となると道中への対応が未知数
…という存在なだけに、少し疑って掛かるべきなのかもしれない。

ミッキードリーム
緩い流れから残ったという印象で、この馬の場合、他の馬以上に道中の部分での
裏付けがないので、この先レベルが上がったら特に疑いたい感覚。

リルダヴァル
休み明けでもそれなりに格好はつけた形だが、直線に入った時点での勝ち馬との
余力の差は明らかで、ほとんど持ち味を発揮できないという内容だった。
とりあえず1度叩いてどこまで変われるか、注意深く見守りたい。

ルーラーシップ
元々極端な決め手(33秒前半とか)を使うタイプではないと思っているので、
出遅れから終始内々を進める内容からでは仕方がない。
当然次戦以降でスムーズな競馬が出来れば普通に巻き返してくるのだろうが、
個人的には無理矢理走っているイメージの馬は正直信用できない…。

ザタイキ
前走で見せた(マイルでの)持続力という部分では世代トップクラスの内容を
示していて、この先その路線の中心的な存在になっても不思議ではなかった
だけに本当に残念…。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事