2010年3月27日土曜日

日経賞展望 2010


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2009 6.9-11.0-11.6-12.0-11.9-12.7-12.8-12.5-12.4-12.1-11.8-11.6-11.9
2008 7.2-12.2-12.3-12.1-12.0-12.1-12.2-12.1-12.2-12.7-12.0-11.3-12.3
2007 6.9-11.5-12.1-11.8-12.3-12.7-12.8-11.9-11.6-12.1-12.1-11.5-12.5
2006 7.2-11.8-11.9-12.5-12.4-12.4-12.8-12.8-11.9-12.2-11.8-11.3-12.0
2005 7.1-11.4-11.8-11.9-12.6-13.8-13.1-12.2-11.6-11.9-11.7-11.7-12.5
2004 7.2-12.1-12.0-11.5-12.2-13.1-12.9-12.6-12.0-12.0-11.7-11.6-11.9
2003 6.9-10.7-11.3-11.8-12.3-13.3-12.4-12.1-11.8-12.5-12.0-11.8-12.4
2002 6.7-12.2-13.1-12.7-13.0-13.7-13.5-12.9-12.4-12.2-11.8-11.4-11.4
2001 7.2-12.0-12.1-12.1-12.3-12.8-12.9-12.7-12.2-12.1-11.8-11.7-11.8
2000 7.0-11.6-12.7-12.7-13.5-12.9-13.0-11.9-11.7-12.1-12.1-12.0-12.2

過去10年のラップタイム
7.03-11.65-12.09-12.11-12.45-12.95-12.84-12.37-11.98-12.19-11.88-11.59-12.09
2.33.22




傾向
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~ややゆったりした流れ、道中は
1~2コーナーで一旦緩む展開にはなるが、向こう正面からはペースが上がって
そのまま最後まである程度速いスピードを維持する形。

やはりここの特徴はレース後半がロングスパートの形になることで、当然の
ように末脚の持続力を持っていることが必須になり、さらにそこまでの道中で
脚を使わない(楽に走る)ための持久力も重要になる。

脚質的には、ある程度好位から押し切れるタイプか、もしくは道中から押し
上げていける差し馬といったところだが、どちらにしても止まらない脚を
持っていなければ話にはならない。


好走する条件
・持久力&持続力を持っていること


予想
ロジユニヴァースの逃げすらありそうで、おそらくペースは遅くなる。
ただこの舞台でペースが遅くなれば、各馬が向こう正面から積極的に仕掛けて
行くために相当な持続力が問われ、結果的には地力が試されるはず。

◎ネヴァブション
3年前にマツリダゴッホを下して勝ち切っているように、本質的にこの舞台は
合っていて、好位から持続する形で押し切るイメージは十分湧く。
前走の内容を見る限りでは昨年よりも状態は上にも思えるし、枠的にもメンバー
的にも良いポジションからレースを進められそうで、ここでの信頼度は高い。

○マイネルキッツ
持久力、持続力ともに抜群で、地力が問われれば自然と浮上できるタイプ。
ただし極端な決め手が使えるという馬ではないので、後半のスピードがあまり
速くなると届かない可能性もあるので、ある程度の積極策を期待したい。

▲エアシェイディ
持久力&持続力が高く、基本的には厳しい流れに引っ張られてこそ強さを
発揮するタイプで、例えば3~4コーナーで前の馬が少し溜められるような
形になると切れ負けということもあり得る。
ただしロングスパートの形にさえなれば確実に上位には浮上しそうで、状態が
問題なければ、やはり積極的に考えておきたい1頭。

注ナムラクレセント
持久力、持続力ともに高く、基本的には問題は休み明けという点くらいだが、
少し不器用そうな馬なだけに、ロングスパートで捲くる形というよりかは、
真っ直ぐ走れるラスト3Fをきっちり持続させるというイメージで、これ以上の
評価は控えておきたい感覚。

△トーセンクラウン
初距離だが持久力は高く、2200mではジャガーメイルを破っている履歴も
あったりして、距離延長は良い方向に働きそうなイメージ。
ただいきなりこのメンバー相手に積極的に推せるかと言ったら躊躇してしまう。

△ロジユニヴァース
持久力はおそらくかなり高く、今までのレース内容からは完全にステイヤー
気質に思えて、活躍の場は長距離にあるとは思う。
したがってこの舞台はある程度合っているだろうが、速いスピードを刻み続ける
持続力に対する疑問は払拭できてなくて、ロングスパート戦は少し微妙。
ギリギリまで溜められる展開であれば。

×エアジパング
持久力&持続力はかなり高いが、スピードに対応出来るかどうかが問題で、
上がり勝負の形になった時点で厳しくなりそう。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事