2020年12月23日水曜日

朝日杯フューチュリティステークス回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • (実質的には)道中が締まった一貫した展開。
  • 持久力&スピード持続力が問われた。

朝日杯FS結果

グレナディアガーズ1.32.3 34.5 03-02
ステラヴェローチェ1.32.4 33.5 10-09
レッドベルオーブ1.32.7 34.2 07-07
バスラットレオン1.32.8 34.8 03-04
ブルースピリット1.32.8 35.1 02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:47.1 3F:35.4
前半4F:45.2
12.5-10.4-10.8-11.5-11.7-11.6-11.8-12.0



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半が速く、道中もかなり締まった展開で、上がりは
一貫した流れの中で→徐々に減速…という形。

もちろん今回のラップは、1頭が飛ばして作ったもの。
後続に関しては、離れた好位にいた勝ち馬辺りで言えば、イーブンに近い内容に
なっていて、実質的には淀みのない一貫した展開だった。

そしてその水準は、(馬場を考えても)道中はかなり速く流れた扱いになり、
適性的には、持久力&スピード持続力が問われた格好。

脚質的には、(離れた)好位から進めた馬に、中団から進めた馬が迫る…という
構図だが、上がりで33秒台の脚を使えたのは2頭だけ。道中の厳しさによって
後続も追走で削られて、結局は地力が物を言った印象ではある。
(どちらにしても、前が止まらない以上、後ろ過ぎてはノーチャンスだが)

この先に向けては、上位馬の実力をまずは信頼…ということでいいと思うが、
レースの方向性として、スピードに寄り過ぎていた部分はあるので、パワー系
&中距離寄りのタイプの巻き返しには、一応注目はしておきたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

グレナディアガーズ
離れた好位から、勝負所ジワっと進出しつつ→直線もしっかり持続させて押し
通しての勝利。前走に続いて…というところで、一貫した脚の使い方での強さは
当然認めておきたい。
今回の内容&走法的な部分からは、距離延長というイメージにはさすがになら
ないが、この時点でこのタイムで走っている点で、例えば5月の東京に対しては
つながる可能性がやはりありそう。注目はしておきたい。

ステラヴェローチェ
ロスなく内を捌いて…という内容ではあったが、周りとは1つ違う脚を見せての
浮上。時計面もそうだが、しっかりとした決め手を発揮できたことは大収穫。
同じバゴ産駒というところでは、クロノジェネシスも阪神JFは後方から浮上
しての2着。引っ張られた方が良さそうな部分も含めて、イメージは被る。
現状では直長コースのみの出走だが、ここでこれだけ出来るのなら、小回りor
内回り型の舞台でどこまで上げられるか?という楽しみは当然あるし、皐月賞は
もちろん、阪神内回りで行われる菊花賞というのも、ターゲットにはなり得る。
ゆくゆくは天皇賞春(外→内)&宝塚記念&有馬記念、究極的には(直長では
あるが馬場適性で)凱旋門賞を夢見たい。今はまだ妄想だが、成長に期待。

レッドベルオーブ
前半は掛かり気味だったが、何とか中団に収めつつ、道中~上がりを一定水準
くらいでまとめての3着。
しっかりとした決め手までは使えなかったが、最後周りも同じような脚になる
中で、ジワジワと(相対的に)伸びる"惰性力"。ここはディープならでは。
中京の坂上で強い内容を見せたように、東京の坂上でも、1つの大きな武器に
なる可能性はありそう。気性的な成長も含めて、期待はしていきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事