2020年12月17日木曜日

カペラステークス回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 速い入り方から、道中少し落ち着いて、勝負所では一応加速を示す展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

カペラS結果

ジャスティン1.09.8 36.3 03-02
レッドルゼル1.09.8 35.4 10-10
ダンシングプリンス1.09.9 36.5 02-02
ダイメイフジ1.10.2 35.5 11-10
スズカコーズライン1.10.4 36.9 03-04

天候:曇 ダート:良
上り4F:47.9 3F:36.6
前半3F:33.2
11.4-10.5-11.3-12.1-11.9-12.6



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、スタートは速い入り方をしつつ、その分道中は平均弱
という展開。そこから勝負所でそれなりに加速する形。

今回の特徴は、まずはスタート直後の速さ。
前3F:33.2秒は、過去10年では上から数えた方が早いという数字だし、そこで
引っ張られたことで、やはり後半では持久力の高さが重要になったはず。

また道中以降に関しては、(スプリント戦の中なので)"溜め"というほど緩くは
ないものの、やや落ち着きつつ→末を残すという展開になっていて、単に粘り
だけでなく、持続的な要素も問われたイメージ。

脚質的には、ラップの形からは前後どちらでも…という雰囲気で、実際に好位の
馬が残る中で、そこに決め手を発揮した差し馬が絡んだ格好。
ただし縦長の隊列で、後方2騎などは完全に後傾の内容。後ろの馬が少しサボり
過ぎた部分もあったのかも知れない。

この先に向けては、レースの水準自体まずまず高くなっているし、上位の地力を
まずは認めたいところ。それぞれの条件&挙動による細かい上げ下げは必要に
なるだろうが、それらの活躍に素直に期待しておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ジャスティン
好位外から正攻法の競馬をしつつ→直線しっかりと競り合いを制しての勝利。
今回は相手と比べて2kg重い斤量を背負っていた訳だし、とりあえずこれは
格を示した…という雰囲気。改めてその地力を認めておきたい。
この路線は、中央では他に選択肢がない…というのが本当に残念なところだが、
公営も含めて、当然この先も注目していきたい存在。

レッドルゼル
中団から。コーナーで外を回しつつ、直線入り口ではかなり前と離れていたが、
最後11秒台で伸び切って、しっかりと詰めての2着。
前走では(重馬場だが)34秒台の脚も使っているし、展開によらず終い確実。
どこかでもっとハマる場面もあるだろうし、とりあえず重賞制覇は時間の問題
…という雰囲気ではある。(これも重賞がないことが問題だが)

ダンシングプリンス
最後は競り負けつつ、後ろにも差されることになったが、これまでよりも速い
入り方をして→しっかりと上がりをまとめての好走。
今回、馬体を増やしていたことがどう影響したのか?は分からないが、単純に
2枚近くパフォーマンスを上げてきた形だし、当然その地力は認めておきたい。
この先もしっかりと注目していきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事