2020年12月13日日曜日

カペラステークス展望(ラップ傾向&予想)2020


まとめ
  • 前半かなり速い流れから、後半はしっかり落ち込む展開。
  • 先行力&持久力が問われる。
  • 予想◎レッドルゼル

過去のラップタイム

2019 11.7-10.2-11.0-11.6-12.0-12.8 32.9-36.4
2018 11.8-10.3-11.3-11.8-12.1-12.9 33.4-36.8
2017 12.0-10.8-11.2-12.1-12.1-12.8 34.0-37.0
2016 11.8-10.4-11.1-11.9-12.0-13.0 33.3-36.9
2015 11.6-10.0-10.9-11.8-12.3-13.1 32.5-37.2
2014 11.8-10.4-11.1-11.6-11.9-12.7 33.3-36.2
2013 12.1-11.0-11.2-12.1-11.9-12.4 34.3-36.4
2012 11.9-10.6-11.7-12.4-12.1-12.1 34.2-36.6
2011 11.8-10.5-11.4-12.0-11.6-11.8 33.7-35.4
2010 11.7-10.3-11.0-11.9-12.1-12.7 33.0-36.7

過去10年の平均ラップタイム
11.82-10.45-11.19-11.92-12.01-12.63
1.10.02 33.46-36.56



ラップ傾向

(過去記事のほぼ転載)

過去のラップタイムを見てみると、前半が相当に速くなって、勝負所は何とか
踏み止まりつつも、後半はガクっとペースが落ちる展開。

ここの特徴は、やはり前半の極端なまでの速さだと言えて、速い流れへの対応力
(スピード)と、終いの部分を粘れる持久力を備えていることが必須となる。
(多少落ちついた年でも、結局展開的にはしっかりとした前傾)

脚質的には、前残りも差し決着もあってペース次第という他はないが、差し馬の
場合も、(個々のパフォーマンスとしては)前半しっかり脚を使っている内容を
示していて、やはりここでは、ハイペース耐性の裏付けだけは取っておきたい。


好走の条件
・先行力(スピード)があること(注:位置取りではない)
・高い持久力が必要



予想


◎レッドルゼル
この1年は、(週中に砂厚調整がなく)伸びない内を通ったプロキオンS以外は
ずっと安定。それぞれのパフォーマンスも高く、ここでも普通に上位に扱える。
中山は初だが、ハイペースの橿原Sでは、中団から楽に交わしつつ→最後は流し
ながらの完勝。展開&水準ともに、ここも十分こなせて良さそう。
外寄りの枠に入ったし、飛ばす馬たちを眺めながら→上がりをまとめる形で、
とりあえず確実に浮上はしてきそうな雰囲気。期待しておきたい。

○ダンシングプリンス
地方を含めダートで6連勝。分厚く、迫力のあるタイプで、シンプルに強そう。
中央に戻ってからの3戦は、ともに前半でしっかり脚を使いつつ→地の強さで
押し通す内容で、まだまだ底を見せていない扱い。
ここは、これまでとは一線を画すような厳しい展開にもなり得るし、上がりの
脚が重要になった場合のリスクは一応あるが、パフォーマンス的な前進を示す
可能性も十分。本命は相手に譲るが、当然頭まで。

▲テーオージーニアス
ここでは昨年2着。中山自体も常に好走している舞台で、引っ張られる展開の
中で安定した脚を使えている。
今回は人気の中心が前に行く馬だし、ジョーカナチャンのような台風の目になり
そうな存在もいて、遅くなる…という可能性は低そう。
展開は向くだろうし、回ってくれば普通に浮上してくるものとして扱いたい。

注シュウジ
昨年3着。そのレースも含めて、中山では常に一定以上の地力を示していて、
当然上位に扱える存在。
今回は久々で、状態面がどうか?というのはあるが、普段かなり背負わされて
いるこの馬からすると、ここは斤量面が楽になるレース。
上位になだれ込む可能性は、やはりしっかりと考えておきたい。

△ジャスティン
この舞台では、フェアウェルSの、超ハイペースを→粘り込んだ強い2着があり
つつ、千葉Sでは、程々の流れから→上がりをしっかりとまとめての完勝。
緩急によらず(緩んでも十分急だが)好走できている馬で、適性は高い。
スタートに微妙なところがあり、斤量を背負う立場でしっかりと決められるか?
というのはあるが、好走の可能性は当然考えておきたい。

△サブノジュニア
JBCスプリントは、4秒近い前傾戦で、展開的にはハマった格好だが、その
パフォーマンスは十分高くなっているし、地力ではやはり上位。
今回は59kgを背負うことになるし、再現性はどこまで?となるが、絶対にその
レベルの前傾にならない…とは言い切れないレース。
展開1つ。とりあえず相手には考えておきたい。

△フォーテ
マイル以外はとりあえず安定…という馬だが、休みを挟んで、前走では一気に
パフォーマンスを更新してきた。
もちろん、現状上位に対してはまだまだだが、1度叩いての2走目。さらなる
前進を見せるようなら、勝ち負けに加わる可能性もあって良さそう。
ジョーカナチャンの出方とか、難しさはあるものの、注目はしておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事