2020年12月17日木曜日

中日新聞杯回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 落ち着いた流れから、後半大きく加速する展開。
  • 切れ(&末の持続力)が問われた。

中日新聞杯結果

ボッケリーニ2.00.1 33.5 06-06-08-07
シゲルピンクダイヤ2.00.2 34.0 05-04-03-03
ヴェロックス2.00.3 33.9 06-06-05-06
ショウナンバルディ2.00.4 34.1 04-04-05-05
グロンディオーズ2.00.6 33.9 08-08-08-07

天候:晴 芝:良
上り4F:46.3 3F:34.4
前後半1000m:61.5-58.6
12.6-11.1-12.7-12.7-12.4-12.3-11.9-11.5-11.1-11.8



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、道中はゆったりとした展開に
なって、後半は徐々に&大きく加速する形。

今回の特徴は、シンプルに道中の緩さ。
落ち着いた流れから→上がりでどれだけ上げられるか?というレースになり、
適性的には切れ(&一応末脚の持続力)が問われた。

脚質的には、この展開でも隊列は結構縦長になっていたので、やはりある程度
流れに乗った馬が優勢になり、後方の馬はほぼノーチャンスだった印象。

この先に向けては、とりあえず上位馬の性能面での裏付け…という扱いになり
そうだが、後方から浮上し切れなかった馬の巻き返しにも、やはり注目はして
おきたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ボッケリーニ
中団前寄りから、直線で中に持ち出しつつ→最速の上がりでまとめての勝利。
2、3着馬と比べると斤量面では恵まれていたし、道中もロスなく進めた格好
だが、とりあえず、その性能の高さは認めておきたいところ。
今回は上がりに寄った展開だったが、近走では一定以上の地力も示しているし、
この先もこの路線での活躍は十分見込めそう。注目していきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事