2011年10月5日水曜日

シリウスS回顧 2011


レース総括
■前半かなり速く、一旦落ち着く形からの上がり勝負
■一定の持久力&切れが問われた


シリウスS結果
ヤマニンキングリー2.04.3 36.5 02-02-02-02
キングスエンブレム2.04.7 36.4 08-08-06-04
フサイチセブン2.04.9 36.9 03-03-03-03
タガノロックオン2.05.1 36.9 04-04-04-04
ヒラボクワイルド2.05.3 36.3 12-12-12-10

天候:晴 芝:良
上り4F:49.4 3F:36.6
前半1000m:61.8
12.6-11.2-11.2-13.6-13.2-13.1-12.8-12.1-11.7-12.8




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半かなり速く、道中は一旦しっかり緩む展開、その後
徐々にペースアップしつつ、ラスト3Fで一気に加速して上がりが速くなった。

今回はこのレースらしく、前半で相当に引っ張られる形になっているため、当然
後半部分では一定の持久力が問われるレースだったと言える。

また上がりが過去最速の36秒台になっているように、勝負所までがじっくり…
という展開になっているので、どちらかと言えば、持続力<切れのイメージで、
例年以上に"溜めが効く"ということが重要になった印象。

今回のレベルに関しては、過去のレースと比較しても、上位陣の実力は信頼でき
そうだが、適性面では、例えば1800mに短縮して展開的にもっとフラットな形に
なった場合に、それに対応できるかどうか…という点で、この先しっかり注目
しておきたい感覚。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ヤマニンキングリー
芝ではあと1つ決め手が足りない馬だが、ダート馬が相手となると断トツの切れ
…という扱いになる模様。
今回は番手から進めて、前半からかなり脚を使う形だったが、それでも直線でも
しっかりと決め手を発揮できていて、当然これは強い内容だったと言えそう。
この先はやはり(芝では示しているが)道中の締まった展開でどこまで出来るか
…という点を確認したいところで、このままいきなりG1となると扱いが難しく
なるので…出来ればみやこSあたりでもう1度見てみたい。

キングスエンブレム
速い前半は少し控えた形だったので、展開的には恵まれた部分もあるだろうが、
久々の状態でしっかり浮上できているので、やはり溜め→切れ性能は高い印象。
昨年はみやこSレベルの道中には対応して、JCダートレベルでは結局厳しく
なった…という形だったが、今年はその点での成長があるかどうか、しっかり
注目したい感覚。

フサイチセブン
速い前半にしっかりつき合った格好で、最後もまずまず粘っているので、一定の
地力は発揮したと言える。
それでも今回の内容を見る限り、一瞬の切れという点では、性能的に上位2頭に
譲る…という印象で、この馬の場合、もう少しフラットな展開での持続力の方で
勝負したいイメージ。距離短縮で期待したい。

タガノロックオン
そこそこ引っ張られるポジションから、そこそこ粘ったという形…。
内容的には(馬場の違いがあるとはいえ)JDDと同等のパフォーマンスだった
ので、この手の緩急がハッキリした展開では、これが限界なのかも知れない。
となれば、やはりこの馬の場合、もう少しフラットな展開で持続力を活かした
方が良さそうな雰囲気で、とりあえずは距離短縮で…ということになりそう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事