2011年10月12日水曜日

京都大賞典回顧 2011


レース総括
■平均的な水準からの上がり勝負
■決め手が問われた


京都大賞典結果
ローズキングダム2.24.1 33.1 03-03-03-03
ビートブラック2.24.3 33.2 03-04-04-04
オウケンブルースリ2.24.3 33.1 05-05-04-05
ジャガーメイル2.24.3 33.0 05-05-06-05
フォゲッタブル2.24.7 34.1 02-02-02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:45.6 3F:33.8
前半1000m:60.9
12.8-11.0-11.8-12.7-12.6-12.3-12.8-12.5-11.8-11.1-11.4-11.3




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半ミドルペースくらいから、道中は極端には緩まない
ものの一旦落ち着く展開、その後3コーナーあたりから一気にペースアップして
上がりがかなり速くなる形。

今回は、道中に関してもまずまずの水準ではあったが、やはり例年以上の極端に
速い馬場というバイアスが大きかった印象で、純粋にこれは、上がり3Fの決め手
勝負と考えて良さそう。

したがって、性能の差で上位はしっかり実力馬が占めているものの、感覚的には
速い上がりをしっかり伸び切れるか…という点などの、適性面での評価に今回は
止めたいイメージ。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ローズキングダム
今回は出来に関しても普通に上位だったと思うが、得意の展開で最後もしっかり
伸び切っており、改めて性能の高さを示した内容。
陣営からは王道を進みたい…という話だが、天皇賞や有馬記念では前半or道中で
脚を使う展開になる可能性もあるので、最も合うのはやはりJCのイメージで、
そこをピークに考えつつ、この馬には期待したい感覚。

ビートブラック
道中は少し溜めた内容だが、上がりでは今までにない決め手を使えているという
点では十分な収穫。
この馬の場合、一定の持久力も一応示しているが、このレベルの馬と戦っていく
中では、もう少し水準が上がってもしっかり決め手を発揮できるか…という点に
この先注目しておきたいイメージ。

オウケンブルースリ
得意とは言えない決め手勝負でしっかり差を詰めたのはもちろん評価できるが、
この馬にしてはまだまだ迫力が足りない印象。
それでも久々にまともに走れた訳だし、状態はやっと上向いてきたイメージで、
叩いた上積みもありそうな次戦、もう1つ上のパフォーマンスを期待したい。

ジャガーメイル
さすがにこの舞台では浮上してきたが、最後伸び切れず…という内容。
とにかく今回に関しては、この馬にとっては大好物の展開だったにも関わらず、
これだけヨレて差し返されるということは、結局は長い休み明けで体がしっかり
出来てなかったということ。
ここで叩いて、これからしっかり調教を積んで、まずはどんな状態でJCに出走
してくるか…という点に注目したい。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事